2024年01月21日 08時01分

《イベント告知 》

DV及び加害者プログラムの詳しい内容を知りたい。

 DV加害者プログラム実践編~一人ひとりの幸せのために~は、令和6年2月24日(土)12:30~受付、13:00~16:00、リナシティかのや2階情報研修室で開催。

 講師は、佐々木浩介氏 臨床心理士(武井内科クリニック)。
 産業カウンセラー米国NLP協会認定NLPマスタープラクティショナー公認心理師、目本臨床心理士会バイオレンス・ハラスメント専門委員。

参加費は無料  

 世界経済フォーラム発表による、男女格差を測るジェンダー・ギャップ指数の2023年における日本のスコアは、146か国中125位(前回は146か国中116位)で、過去最低です。

 DV被害者支援の会アミーチが関わるDV問題もジェンダーバイアスが、大きく関わっています。

 従来、加害者プログラムは、復縁の駆け引きに使う懸念もあり、否定的評価がなされていました。
 
 内閣府は、民間団体での取組、加害者と同居せざるを得ない被害者への支援、被害者が逃げないで済む支援方法の必要性を平成28年の内閣府「配偶者等に対する暴力の加害者更生に係る実態調査研究事業」で示しました。

 平成30年から令和元年の児童虐待死亡を伴う配偶者に対するDV事件から、子どもの安全安心確保の必要も高まり、先行実施を経て、令和5年度、体制を整備することを示しました。

 そこで、今回のテーマは、前回に引き続き、DV加害者プログラムですが、今回は、アンケートで、DV及び加害者プログラムについて、詳しい内容を知りたいという回答が多くありましたので、時間を延長し、初めての方にも分かりやすく基礎から詳しく、実践も交えて、講演して頂くことになりました。…と呼び掛けている。

対象は、ジェンダー平等、DV、児童虐待、男女共同参画の問題に興味のある方々、地域で人権擁護活動をされている方々。

主催は、DV被害者支援の会アミーチ

最新の記事

合計 491 件中 1ページ目を表示

カテゴリ最新記事