2024年04月13日 11時49分

《おおすみ雑記 》

令和の流しを体現 ~宮城出身「心を唄う旅人」木村誠さん

たまにはカラオケに…と誘われて先日、鹿屋市朝日町の「香月」に。

 座って焼酎がちょうど手元にきたとき、店のドアが開いて、ギター片手に「流しやってるんですが、1曲どうですか…」と。

 宮城県出身の「心を唄う旅人」木村誠さんで、宮城を拠点に日本全国を旅して音楽活動をしているシンガーソングライター44歳。

 「令和の流し」を体現すべく、2023年2月に冬の北海道4周目を完遂し、北海道を出発、今、47都道府県ツアーの真っ最中。

 1年ちょっとかけて本土最南の駅のある枕崎にたどり着き、なんきゅうフェリーで大隅半島へ渡り、佐多岬に行く予定が、バスの時間が合わずそのまま鹿屋へ来たという。

 人との繋がり縁を信じ、素直でストレートな等身大な想いを唄にし、その瞬間に感じる音楽や人との出会い、共有出来る幸福な時間を日々噛み締めながら、心を唄う新たな旅を続けているという。

 まだ、20代で吞んでいるとき、鹿屋でもそれこそ演歌の流しは何人か見たことはあったが、POPS系は初めて。

 それでは…と、サザンオールスターズの「愛の言霊」、玉置浩二の「メロディーがリクエストされ、私はオリジナル曲を頼んだら、東日本大震災復興支援ソング「風」を歌ってくれた。

渡された資料によると、
1998年仙台市内にて路上ライブを開始
2004年日本一周路上ライブの旅完遂、1stアルバムをリリース
2006年「約束」「青春」がリクルート社の就職支援VTRの挿入歌起用
2010年岩手県北上市B級グルメ「北上コロッケソング」を制作各種メディアに取り上げられる。宮城県気仙沼市気楽会公認「気仙沼ソング」を制作
2011年「変わらない想い」がJESCOホールディングスの企業CMソング起用、東日本大震災復興支援ソング「風」を制作、震災後建設現場で働く傍ら沿岸地域への物資支援音楽支援への協力(BelPROJECT)
2013年仙台市内にて現在のライフワーク花見路上ライブを敢行
2015年宮城県内の3つのイベントの企画運営に携わる
2016年北海道から日本一周飛込みライブツアー完遂、全47都道府県制覇、5年で飲食店約2万軒でライブ
2017年非公認九州PRソング「ばってん九州」楽天イーグルス選手応援歌をYouTubeにUP話題に
2018年カラオケLIVEDAMスタジアムのDAMともガイドにて10数曲ガイドボーカルに採用される。
そして今回、さらに日本一周を続け、今度は列島の西側を通って宮城に戻るという。

 鹿屋に来て初めてドアを叩いた店だったという…、そのあと、鹿屋の夜の街は楽しんでもらえただろうか…、次の日本1週ライブがあるとしたら、またお会いしたいものだ…。(米永20240414)

最新の記事

合計 834 件中 1ページ目を表示

カテゴリ最新記事