2024年07月01日 09時36分

《四季の話題 》

串良大賀ハス園と志布志普現堂親水公園で大賀ハス開花

 鹿屋市串良町岡崎の鹿屋市役所串良総合支所駐車場西側にある大賀ハス園で、同園の古代ハスが一昨年よりより9日遅い26日に開花。また、志布志市有明町蓬原の普現堂湧水源親水公園でも開花が始まった。

 鮮やかな淡い紅色の大賀ハスは、写真愛好家や訪れる人の目を楽しませており、串良大賀ハス園では8月中旬まで楽しめそう。
 志布志市有明町蓬原の普現堂湧水源親水公園で、「大賀ハス」の開花が始まった。
2千年以上自然交配されず、鹿屋市職員が毎年株分けして育てられてきたことから植物学的に貴重で、2011年2月23日に鹿屋市の文化財(天然記念物)に指定された。

 鹿屋市串良支所駐車場横の仮屋跡門塀前の掘りに、20個の井筒が鉢として設置されて大賀ハスが植えられている。
12年前に鹿屋市文化財課職員が、これまでの6鉢から増やし、現在は20鉢の井筒の中で花が咲いている。
花は3週間かかって毎朝6時頃から8時頃まで咲き、昼間はつぼみに帰り、4日間で散る。花は2日目が一番きれいで、毎朝見に来る人もいる。
今年は例年より遅い開花だが、つぼみが多く、今から次々に開花し、8月まで花が楽しめる。
 大賀ハスにはトンボ、チョウチョ、ハチが群がり、観察者の目を楽しませている。

 
◇ ◇ ◇

 親水公園は「平成の名水百選」に選ばれ、入浴施設「蓬(よもぎ)の郷(さと)」に隣接する公園。
公園は8千㎡の面積があり、公園内に上・中・下の普現堂池がある。古くから46㌶の水田を潤している。湧水はシラス台地崖下から湧き出る。シラス台地の白砂は天然の濾過器で、雨水などを濾過し、水温は18~19度と1年中一定できれいな湧水を湧出している。

 鹿児島県は平成4年~7年度にかけ、3億3千3百万の費用をかけて水環境整備事業を実施し、農業用施設保全と生き物や景観を大切にした水へ環境整備を行い、農村と自然が共生した池のオアシスづくりを行った。
 池の周囲にはアジサイ約2千本が植えられている。

 6月に入ると池の大賀ハス(古代蓮)が咲き誇り、7月中旬まで楽しめる。今年の1番花の開花は例年より早かったが、しばらくお休みしてい現在再び開花が始まり、つぼみも多く次々に開花して楽しめる。
ハスと同時に池には可愛いスイレンの花も咲き始め、こちらは夏まで楽しめる。

 池には貴重なハッチョウトンボやベニトンボ、イトトンボが生息し、カワセミなどの野鳥も飛来する。幸せを招くブルービーも間もなくやってくる。池には写真に収めるためのカメラマンが多い。

最新の記事

合計 1105 件中 1ページ目を表示

カテゴリ最新記事