2024年05月19日 16時02分

《二火会 》

産学官の特性生かし、産業、経済、文化の灯を点し活動

 鹿屋二火会(金沢幸一代表幹事)の令和6年度通堂総会が、5月14日、ホテルこばやしで開催され、役員改選があり金沢代表幹事らが再任された。

写真=金沢代表幹事があいさつ

 同会は、昭和36年(1961年)、当時の㈱桜デパート社長で初代代表幹事の立元明光氏が、停滞気味のこの大隅半島に、産学官の三者三様の特性を生かし、産業、経済、文化の灯を点すべく、各界の長・代表が一堂に会し、親睦を深め、研鐙を重ね、明日の郷土の発展の礎となるよう種蒔きをしたい…と設立され、63年の長きにわたり活動し続けている。

 この日は、金沢代表幹事あいさつ、森山ひろし衆議院議員(船造作章秘書)、小林正義相談役の来賓紹介。

 議事に入り、令和5年度事業報告と収支決算、会計監査報告。令和6年度事業計画と収支予算が決められた。

 役員改選があり、金沢幸一代表幹事、永野義人、福地幸子、山下幸一副代表幹事ほか、常任幹事、幹事が再任された。

また異動等による次の新入会員の紹介があった。
日本郵便㈱鹿屋郵便局 内田信生局長  
鹿児島県鹿屋警察署 高野信司署長  
鹿屋市校長協会 竹崎賢一副会長(田崎中学校校長)    
鹿屋商工会議所青年部 田平弦大会長  
損害保険ジャパン㈱鹿児島支店鹿屋支社 大山修支社長  
南国殖産㈱鹿屋支店 飯山正士支店長  
国立大学法人鹿屋体育大学 猪村篤理事  
南日本酪農協同㈱鹿屋営業所 中迫大輔所長  

通常総会終了後、懇親会が行われ会員同士の親睦を深めた。

写真=異動による親友会員の紹介

最新の記事

合計 974 件中 1ページ目を表示

カテゴリ最新記事