2024年05月09日 19時08分

《観光 》

大型連休は家族で大賑わい~志布志湾大黒イルカランド

 大型連休中の志布志湾大黒イルカランドは、イルカのスペシャルショー、ペンギンの赤ちゃん誕生公開とよちよち歩き、アカウミガメの子どもとふれあいなどがあった。連日多くの観光客でにぎわっい、駐車場は満車でレストランも満員だった。

 今年の大型連休特別イベントの目玉は、「ペンギンの赤ちゃん公開」だった。
3月19日に誕生したペンギン赤ちゃん公開はペンギンハウス前で行われた。

 産まれたのは2羽で、そのうちの産毛の生えた1羽が公開された。誕生当時は79グラムの体重だったが、現在2600グラムに増えた。名前はまだ付いてない。

 子どもたちは「可愛い 可愛い」と言いながら見ていた。
 ペンギンの「よちよちお散歩タイム」は毎日午後にあり、観覧無料で写真撮影出来る。ペンギンハウス隣の小動物ランドで開催され、ペンギンハウスからペンギンが小動物ランドへ姿を現すと、子どもたちは大喜び。途中で障害物越えがあったりした。

 イルカショー会場は満席で出立ち見まで出て、入場制限された。
ショーのオープニングはイルカクイズがあり、正解するとプレゼントがもらえた。

 イルカの早泳ぎ競争、天井から提げてあるボールめがけてのジャンプ、輪くぐり、ジャンプして棒を越える競技などがあった。

 お客さんとのドッドボールキャッチボールは、子どもさんとイルカのボール遊びで、元気よくボールを返していた。
 前列で観覧したお客さんはイルカが元気よく跳びはねたりするたびに、海水を被り大喜びしていた。

 都城からの家族3人は初めて訪れ、9歳の子どもさんは「イルカが天井のボールめがけてジャンプしたのがよかった」。
 日南市から毎年大型連休に来ている7人家族の6歳と8歳の子どもさんは、「亀への餌やりで楽しくふれあい、ペンギンのお散歩はおもしろく、イルカショーは迫力があったと」と話していた。

最新の記事

合計 974 件中 1ページ目を表示

カテゴリ最新記事